読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活スケジュール法で社会復帰を目指す

日記

無職だと時間に縛られることが無いので、やろうと思えば、いややろうとしなければといえば良いのか、とにかく水は低きに流るるが如く生活が堕落していく。元々不眠症だったのが悪化して昼夜逆転したりとか寝るに寝られず30時間位起きてたりして昼夜逆転を逆転させて真っ当な生活に戻ったりとか、かと思えばまた次の日には昼夜逆転…とかで生活リズムがとにかくメチャクチャになる。

ある程度一歩踏み出せば大抵のことはなんとかなる。やりたくないことがあっても、とりあえずちょっとだけ手をつけてみると作業興奮やら何やらでやってるうちに集中力が増してくる。会社行きたくないと思っても、とりあえず起きてシャワー浴びて着替えてみると意外となんとかなる。*1そういう状態にもっていくのにリズムは重要なんだと思っている。やりたくないことがあっても、毎日この時間はこれに手を付けてみる、みたいな習慣があれば大抵はうまくいくし、逆に生活リズムが乱れまくってそういう状態にもっていけないと何も出来ないまま日々が過ぎていく。ので、生活リズムを正しく刻まなければと思った。

で、どうしようかと調べていたらこんなページを見つけた。

生活スケジュール法

大体の1日のスケジュールを決めてそれに合わせて動こうというもの。まっとうな人からすればこんなもん当たり前と思われるが今の自分にはちょっとしんどかったりする。自分の場合は

7:30 起床 8:00 シャワー浴びて朝ごはん 8:30 散歩 9:30 作業(プログラミング) 11:00 休憩 11:30 作業再開 13:00 昼ごはん 13:30 散歩 14:00 作業再開 16:00 休憩 16:30 作業再開 18:00 晩ごはん 19:00 作業再開 20:00 作業終了 24:00 就寝

というようなスケジュールをたてている。出来る限り1日8時間は何か勉強とかプログラミングにあてている。働いていた時と同じくらい時間、何かを出来るようにして社会復帰に向けている。夜は大抵集中力が持たないので中途半端な時間に寝てしまわないように気をつけながら音楽聞いたりtumblrとかしてる。 1ヶ月くらいチャレンジして最近やっと慣れてきた感じだ。大体週4~5日はこのスケジュールの通りに動けている。1週間のうち残り2日くらいは寝起きとご飯を食べるタイミングだけ合わせている。それ以外の時間はゲームしたり映画見たりしている。とにかくボーっとしないように、昼寝とかしないように気をつけている。寝るとリズムがめちゃくちゃ崩れやすくなってしまうから。 あとはgoogleカレンダーにその日の実績(何時になにをしてたか)をその日の睡眠時間や天気などとともに記録している。それをみて、この日は睡眠時間がちょっと少なかったからあまり集中できなかったなとか天気のせいかとか分析してみたり、逆にこの日は妙に集中力が保てたけど何でだったんだろうかとかより良くするために色々考えたりしてる。 ちゃんと通院してるというのもあるのだろうけど、これを意識してからだいぶ状態は良くなったような気がする。実際に働いてみたらこれ通りにはいかないのはわかっているが、今のうちに何もしないよりもマシだろうし、これによってリズムを身に付ければ自信もつくかもしれないと期待を寄せながら続けている。

*1:医者にかかる必要があるレベルは別だけど…