読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人になりたい

妄想

最近どんな映画やドラマやアニメを見ても、「これ主人公が身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人だったらもっと早く色々解決するんじゃないの?」という感想ばかりが浮かぶ。いや、それじゃストーリーの盛り上がりとかめっちゃなくなって物語として全然面白くなくなるからダメなんだけど。でも現実世界だったら絶対に身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人は有利だろと思う。

力道山はあんなに体格よくて肉弾戦ならめちゃくちゃ強かったのにも関わらず、ナイフで刺されて死んだ。どんなにムキムキでも銃でヘッドショット一発キメられたら死ぬ。それでも、ヒョロヒョロの中年のおっさんがナイフや銃を持った相手に挑むよりも身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人が立ち向かうほうがうまくいく確率は絶対高い。大体現実世界でそんな状況に陥ることもそうないはず。銃社会でも何でもない日本ならば尚更だ。

例えば、格闘技の心得があるボブサップみたいな身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人がいるとする。こいつはたまに情緒不安定になる時があるとする。変にプレッシャーかけたり、無理な注文をすると「ぁあ”?」みたいな感じで戦闘態勢に入ってくる。機嫌が悪い時とかは周りのものをぶっ壊したりして、ストレス解消とともに周りに自分はこれだけパワーがあるんだぞと見せつけてきたりするとする。めっちゃ怖い。そういう奴が外注先とか部下にいるとする。そうなった場合、日和ってしまう人間は多いんじゃないかと思う。説教してやろうと思っても、他の普通の人間に対して説教するときよりも、そのメンヘラボブサップに対してはちょっと言葉を選んだりする。ちょっと物腰柔らかな言い方をする人間が多いと思う。別にそのメンヘラボブサップがすぐ暴力に訴えてこなくても、その身長190センチ体重120キロのムキムキなガタイで反抗してきたら、絶対普通の人は恐怖を感じる。自分がメンヘラボブサップ側だったら、やりたい放題とまではいかなくとも、ある程度自分の主張を押し通しやすい気がする。

わたし男に生まれればよかったわ

力ずくで男の思うままにならずにすんだかもしれないだけ

わたし男に生まれればよかったわ

中島みゆき - ファイト!

中島みゆきもこう言っている。力があることは強い。社会的な力はメチャクチャ強いけど、社会的な力に対して恐れを抱くよりも、人間は物理的な力に対して恐れを抱く生活を長い間送ってきた。社会的な力でねじ伏せられても、すぐには死なない。物理的な力でねじ伏せられたほうが死へ辿り着くスピードは早いだろう。その分、物理的な力に対して人間が抱く恐怖は強いはずだ。人間の本能的な部分が、身長190センチ体重120キロのムキムキなやつを敵に回した場合は物理的な力関係的にヤバイぞと無意識に認識していると思う。だから普通は身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人に威圧感を感じるはずだ。中島みゆきが身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人だったら、この曲は生まれなかっただろう。中島みゆきも身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人になりたいと思いながらこの曲を作り、身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人になりたいと思いながら歌っているのだろう。わたし身長190センチ体重120キロのムキムキな黒人に生まれればよかったわ。